ダイエットなどで体を変えたいなら、まずは自分のペースで目標設定をして考えることが必要

2016-01-29

ダイエットは自分のペースで

ダイエット完全個別指導のエスアールです。

1月21日の「大寒」という暦から1週間が過ぎましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

世間では、先週から今週初めにかけて全国的に気温がかなり低く、あまり雪が降らない地域までもそこそこの積雪を記録した影響で、路面の凍結などで事故や輸送関係の遅滞などが頻発したようで大変な状況だったようです。

ここまで寒さが厳しくなると体調面の管理はさらに難しくなってきますが、いつも申し上げておりますとおり、

 

・適切な水分の確保

・適切な軽い運動の実施

・適切な食事(栄養)の補給

・ストレス状態を緩和する好きな音楽や趣味に時間をかける

・十分な休養

 

といった方法で、ご自身の体調に十分に気をつけるようにお過ごし下さい。

さて、今回のテーマは、『ダイエットなどで体を変えたいなら、まずは自分のペースで目標設定をして考えることが必要』です。

以前にも同じ内容のブログ(←こちらをクリックまたはタップ)がありますが、それと重複した内容になりますので合わせて閲覧いただければ幸いです。

 

1、達成目標は期限を決めるのが最低条件


 

まず、目標を決めるときに一番重要かつ最低条件は期限を決めることです。

期限を決めるといってもあまり現実的ではない1週間~1か月といった短期間という設定ではなく、少なくとも3か月~1年単位での目標設定が適切な期間であると考えています。

例えば、アスリートコースでの1年単位の考え方といたしましては、3か月を1クールと考えてだいたい4クール(1~4クールで1サイクル)に分割して考えます。

問題点を見極めて、だいたい1クールごとに課題を設定していき、成績やパフォーマンスにつながるように過程を積み重ねていきます。

そして、最終の4クール目に実戦をかねた仮想試合・仮想レース・仮想競技をこなしていく上で最終調整をしていき、達成目標へと到達していただきます。

もしかしたら、目標設定時よりも大幅な能力アップと成績向上へとつながる可能性もありますが、逆に欲を出して焦るあまり競技に関する基本動作の習得を怠り、無理をしすぎて怪我をしてしまうことや精神面での影響を及ぼすような出来事に遭遇してしまったりで、思い描いた目標達成にはならない可能性もあります。

 

2、まずは無理をしないことが大事


 

上記のアスリートコースのお客様にもいつもアドバイスさせていただいていますが、「決して無理をしないことが大事になってきます。

一般コースのお客様、アスリートコースのお客様とともに一番大事で見過ごしがちになることは、ご自身を追い詰めていることに気付いていないことです。

誰もが目標の達成に主眼に置いて、努力されることは間違いありませんが、どうしても結果を追い求めるあまり身体面や精神面の疲労といった慢性的なストレス状態に陥ることがあります(摂食障害またはオーバートレーニングなど)。

性格や環境などあらゆる事象にも左右されるとは思いますが、結局はご自身の尽きない欲求の結果が招いたことには変わりありません。

変わるということは非常に難しいもので、体力や強い気持ち(想い)が必要ですから、良い方向に転ぶのも悪い方向に転んでしまうのもご自身次第ということになります。

ですから、本当に変わりたいと思って目標を立てるときは、体を蝕ばみ身を削るような無理をしないということを前提にしていただきたいと思います。

 

3、確実に変わるためには考えることが必要


 

何をするにしてもそうですが、考えずに悩みもしないで物事やトレーニングを続けていては思うような成果を得られないことがあります。

ご自身一人でトレーニングを打ち込むときに必要な考え方としては、具体的にどのようにしたらより良く体にとって効いてくるのかを考えながら実施することです。

 

・体の傾きや目線

・肘の角度や手の先への意識の集中

・膝から足先にかけての力のかけ方や動き

・他の部位の力を使わないこと

・力の向きを正しい方向に動かす

・1G(自分の体重)をしっかり感じながら動作を覚える

 

といった細かな動きや気をつけるポイントの一例ですが、このポイントを考えながらトレーニングするのと、何も考えずにただやみくもに回数やメニューをこなしているのとでは、いづれ運動効果に大きく差が生じてきます。

実際、一般またはアスリートのお客様に関わらず、ご自身で決めたトレーニングをこなしていることに満足してしまい、本来の運動効果が半減または程遠いものになっていることが往々にしてあります。

そのような場合、上記の6つのポイントないし個別の状態に合わせて、きっちりと矯正・調整を実施し指導していきながら、考えながら実施していくことの必要性と大事さをお伝えしております。

 

4、結局は、ご自身のペースが一番大事


 

2の項目と同じ内容ではありますが、結果を追い求めるあまりなんでもかんでもやろうとする方が、少なからずいらっしゃいます。

テレビやネット・チラシの影響によるところが多く、

 

『ダイエットにはこの食品がいい』

『これを買って運動すれば、驚きの結果が・・・』

『私はこれをして、ここまで変わりました・・・』

 

などといった内容で勧誘を促し、誘惑にも似たCMまたはショッピング形式の放送はどのメディアでも散見されます。

確かに、よい結果を映像を通じて、体験者や経験者が語るといった場面は強烈に印象に残ります。

けれど、はたしてそれが自身にとって最適なものかどうか、そして本当にこれからの人生においてよいきっかけになるかどうかを、個別の状態などを考慮しながらも全てが正しいというわけではないということを考える必要はあると思います。

エスアールでは、これを実施すればこうなるという主旨は述べてはおらず、まして画像などを用いて目立った宣伝をしているわけではありませんから、こういったメディアの発信力の強さには正直全くかないません。

しかしながら、こちらの強みとしては、完全マンツーマンでお客様の個別の状態を把握しながら、ゆっくりと少しずつ食事などを含めた生活習慣全般の改善をアドバイスし、そして毎日の軽い運動習慣を確実に身につけていただくことを実施していきますので、よっぽどのことがない限りは変化を感じていただけると思います。

そして、すべてのお客様に対して『基本を無視せず、無理はさせず、ゆっくり確実に出来ることを増やしていく』ということを念頭に置いて、指導に当たらさせていただいていますので、ご自身の目標達成のお手伝いをさせていただければ幸いです。

 


コメントを書く







コメント内容



お問い合わせはこちらから