ダイエットによる体の変化は、数値よりも見た目や健康にこだわれ

2015-09-03

ダイエットを応援

ダイエット完全個別指導のエスアールです。

本格的な夏が終わり、いよいよ秋の季節に一気に向かいそうな天気になっておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

残暑が厳しく暑さが続くような感じを予想しておりましたが、その予想に反して過ごしやすくなって気を抜きがちになると思いますので、体調管理等にお気を付け下さい。

さて、今回は「ダイエットにより体の変化は、数値よりも見た目や健康にこだわれ」というテーマで少し書いていきたいと思います。

 

1、数値の変化に重きを置かざるえない現状


 

当社にはじめてお越しになられるお客様や会員様にはどうしても数値の変化に一喜一憂している傾向があります。

確かに数値の変化は客観的に見ても、分かりやすい変化であり、誰が見ても明確なものとしての結果になりますので、ご自身の達成感や満足感を満たす材料になることは間違いありません。

実際、テレビのCMやネットでの広告宣伝では、

 

『何か月で〇キロマイナス』

『ここでなら、成功者続出!!』

『芸能人や有名人などからの経験談』

 

という形で、はっきり言えば数値さえ達成し、こんな風に誰にでもなれるかような錯覚さえ覚えさせるような宣伝にあふれていますので、どうしても数値にこだわってしまうのは仕方がないのかもしれませんが、少し行き過ぎた表現ではないかと思うことがあります(※個人的な見解です)。

結局、これだけデジタルが進化(=ネットの進化)した世の中に置いても、未だにメディアの影響は多大なものがある現状は変わらないことを示唆しているのは間違いないです。

 

2、数値の変化の停滞はいづれストレスに変化する


 

ダイエットをする中で、どのような方でも数値上の変化があまりせずに停滞期のようなものが訪れます。

しかしながら、体の変化は徐々にしているのに数値の変化にとらわれすぎて、細かい変化に気付いていない場合が多いので、停滞期というよりは結果に対しての客観的なデータが得られないがために、

これだけ頑張って努力しているのに、どうして成果があらわれないのか?』

という焦りからくるものであり、いわゆる欲求を満たされないストレス時期ということになります。

ストレス時期に入る要因といたしましては、

 

・努力に対しての変化が少なく感じる

・いつまで頑張らなければならないのか

・自分のやっていることが本当に目標につながるのか

・こんなに頑張っているのに、誰も気付いてくれない

 

などがあり、基本的にご自身からくる不安定な精神状態によって引き起こされる要因がほとんどです。

個人的な見解ですが、おそらくダイエットに挑戦したことがある方は、少なからずこのような精神状態になった経験をしたことがあったのではないでしょうか。

このように数値上の変化にこだわり過ぎるようになってしまうと、客観的な見方が欠如してしまい、本当に目指したかった姿への進化になりにくい可能性が出てきますので、会員様やブログで何度も言っていますが、

『ご自身がストレスになる追い込むような無理は決してしないで下さい』

 

3、客観的な目はしっかりと変化をとらえているからこそ『パーソナルトレーニング』


 

エスアールでは、パーソナルトレーニングという業態をとっている理由は、

 

・お客様自身の細かな変化を把握(進捗状況を確認)

・生活習慣の改善状況

・運動習慣について

・お客様の変化に関する周囲の声

・現在の精神状態

・お客様の変化に敏感かつ正確に把握し、お客様ご自身の変化を明確に感じていただく

 

など個別にお客様によって多少は変わってきますが、お客様一人一人に濃密にお付き合いさせていただき少しでも早く幸せな笑顔になっていただくきっかけをつかんでいただきたいという想いから、完全個別のマンツーマン指導をとっています。

以前に、ダイエットについて述べましたが、客観的な第三者の目はご自身が見た自分の変化と相手から見た変化では、大きく違うことがあります(ここでの第三者は、私も含んでおります)。

2で述べました、ストレス時期でご自身の変化を感じとれていないことがありますが、よく気が付く第三者は明確に感じとり言葉にしてご自身の過程や体の変化をきちんと伝えてもらえる場合があります。

この第三者の言葉が期待できない場合は、徹底的にご自身を観察し分析することがあげられますが、そもそも観察と分析が明確に出来るのであれば、お一人でも出来ると思いますのでダイエットに対してのストレスは感じずにそのまま目標をクリアされると思います。

けれど、ご自身の目標をお一人で達成できない高いハードルと考えているお客様にとっては、

 

・数値にとらわれがちなお客様の思考を正しい方向へと導く

・お客様の努力を正しく評価し目標に対してのモチベーション(自分なら出来る)を保ち育てる

 

パーソナルトレーニングを一考してみてはいかがでしょうか。

※上記の2つの方針は、当社の基本方針ですのですべての業者があてはまるとは限りません。

 

4、お客様のベストな状態は健康であることが大事


 

当社では、お客様の目標については無理なく達成していただくように指導してはいきますが、お客様にとって一番大事なことは、健康であるかどうかが一番です。

お客様のお悩みは数値上もありますが年齢に関係なく、

 

・体の不具合を改善したい(首・肩・腰・肘・手首・膝・足首などの慢性的な痛み・猫背・O脚・XO脚など)

・健康面の改善(慢性的な体のダルさ・冷え症からくる偏頭痛・体温・コレステロール数値など)

 

など個別に色々とございますので、真の目標設定については数値にこだわり過ぎないで、『心身ともに健康であり、なおかつなりたいご自身になること』を目指していただきたいと考えています。

余談ですが今回も微妙にズレているように思いますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

シェアする

コメントを書く







コメント内容



お問い合わせはこちらから