ダイエットは食事のタイミングや量を管理すること

2015-02-12

ダイエット管理

ダイエット完全個別指導のエスアール(SR)です。

先週から火曜日まで寒い日が続きましたが、体調管理などはいかがですか?

翌日の水曜日から気温もある程度上がってそこそこ暮らしやすかったように思います。

さて、本日はダイエットについて少しだけ述べさせていただきます。

今回のテーマは、ダイエットは食事のタイミングを管理すること」です。

 

1、エスアールが提案する生活習慣の改善とは


 

ダイエットは、運動習慣をつける前にまず取り組まなければならないことは、

生活習慣の改善です。

エスアールでは、生活習慣の改善といえば、

 

①食生活(摂取するものすべての内容を把握する)

②睡眠(睡眠時間は何時に何時間寝るのか)

③嗜好品(能動喫煙、吸わないか受動喫煙なのか、飲酒の有無の確認)

 

など広義の意味でとらえております。

 

2、食事は夜8時までに


 

その中でも、

食事の時間(特に一日の最後の食事の時間)は、ご自身で初めに改善していただく項目になります。

それは、夜8時までに食事を終わらせることです(夜中0時ぐらいに就寝するという想定です)。

帰宅が遅い方や朝が早い方は、後述にも記してありますが、

最低でも就寝する約3時間前には食事を終わらせて下さい。

 

3、食事は口に摂取するものすべてです


 

しかし、ほとんどの方は食事の時間はだいたい同じ時間になっていると思いますが、最後の食事の時間を守られていない方がほとんどです。

体というのは上手く出来ているために、ダイエットに失敗する方に共通することは、

 

※カロリー消費量とカロリー摂取量のバランスが取れていないことです。

 

特に!!

運動習慣がない方のほとんどは、

 

※代謝(基礎代謝、安静代謝、生活活動代謝)というメカニズムを理解していないがために消費より摂取過多になっているため(すべての運動習慣がある方が理解しているとは言えません)に、結果的に痩せないという場合がほとんどです。

 

現に、私自身がカウンセリングなどでヒアリングした方(お客様以外も含め)のほとんどの原因は、就寝前や昼間の間食などが多いことです。

また、さらに悪いことに自覚があるにも関わらず「ついついおいしいから、勢いでスナック菓子など一袋食べてしまう」などといった、大変な悪循環の習慣に陥っていることです。

食事とは、口に摂取するどんなものでも(水以外)該当しますので勘違いしないようにして下さい。

 

4、これだけは守って下さい


 

特に!!

 

就寝前に食べることは厳禁です。

 

少しのつもりでも、胃が収縮し始めると「さらに食べたい」という欲求が出てきます。

そして、自身の意志(もう少しだけなら大丈夫という)に反して結構な量を食べてしまいますので、くれぐれも十分に気をつけて下さい。

もし、食べるのであれば就寝するまでの約3~4時間前(これぐらいの時間で胃の内容物は消化されますので)に完了して下さい。

初めのうちは早くダイエットしたいという焦りから、食事のタイミングをすべて管理しようとしてしまいがちですが、自分にとっていきなり極端に改善することは身体的や精神的にも良くないので徐々に改善していくようにしていただければ大丈夫です。

 

5、実際はどうか


 

食事のタイミングや量をなるべく時間を守って間食の量を抑えて

就寝する約3時間前から何も食べないようにする

 

という方向で指導させていただいたお客様からは、

 「1か月も経たない内に体重が2、3キロほど減った」

 という報告が多数ありますので、一度実践してみてはいかがでしょうか?

 

シェアする

コメントを書く







コメント内容



お問い合わせはこちらから