ダイエットや体の調子を整えるには水分補給を確実に

2015-10-29

水は人体を構成する重要物質

ダイエット完全個別指導のエスアールです。

ここ2,3日で特に夕方以降に冷え込むようになってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年も後約2か月になってきましたが、生活習慣や運動習慣などを考えるのはオールシーズンですから、

 

・これから頑張ろうとしている方

・今までずっと努力されている方

 

人それぞれ立場が違うでしょうが、気持ちを新たにして気を引き締めて1日1日過ごしていきましょう。

さて、今回は『ダイエットや体の調子を整えるには水分補給は確実に』というテーマで少し書いていきたいと思います。

 

1、水分量は体を構成するには欠かせない


 

人の体というものは、ほぼ半分以上は水で構成されております。

血液をスムーズにかつ効率よく流すのも水であり、細胞の活性化にも大きく関係してきます。

性別や年齢・肥満度などによって、個人差があり構成比率は変わってきますが、だいたいの目安としては、

 

・胎児は約90%

・新生児は約75%

・子どもは約70%

・成人は約60%

・老人は約50%

 

という水分量の割合となっております。

この統計からも分かるように、年齢や性別など関係なく人体での水という位置づけは大変重要なものであることが分かるはずです。

 

2、男性と女性の水分量は、少しだけ差があります


 

人は性別によっても水分量は変わります。

 

・成人男性は約60%

・成人女性は50%程度

 

これは、子どもを妊娠・産み育てる性であるということから、一般的に男性と比べ生きる上での皮下脂肪が高いために女性のほうが脂肪の量に関係して水分量が少なくなっています。

もう少し説明しますと、人体を構成の内の脂肪組織に含まれる水の割合はだいたい10~30%程度であるので、女性の場合ではこの関係からほんの少しだけ男性と比較して水分量が少なくなるようです。

ちなみに、話題が少しズレますが、身体組織に含まれる水の割合をご紹介いたしますと、

 

・血液が90%

・脳が80%

・皮膚・筋肉が70~80%

 

というふうに、人体を構成する水の割合は非常に高く、人体にとって欠かせない物質であることが分かります。

 

3、水分補給は季節に関係なく適切に


 

エスアールでは水分補給に関しましては、適切な量を摂取していただくようにお客様にご案内しておりますが、季節が変わってくると、どうしても水分補給が少なくなってくるようです。

だいたいの理由といたしましては、

 

・汗をかかないこと

・外気温や室内温度が高くないこと

・のどが渇かない

・そもそも、通年通して水分補給が少なめ

 

という要因が重なって、あまり摂取しなくなるようです。

しかしながら、すべての方にあてはまるかどうかは分かりませんが、約1~1.5Lが人間にとっての適切な水分量だと言われておりますので、少なめかなと心当たりがある方はもう少し摂取していただくようお願いいたします。

また汗をかかないといっても、実際は体の水分は不感蒸泄(ふかんじょうせつ)といって、寝ている間や何もしていないときでも体からは水分が常に蒸発しています。

人の生理現象以外(尿・便)で、その不感蒸泄によって排泄される水分量は1日で約900mlになり、何も感じないまま皮膚からや呼吸によって消費していますので、季節に関係なく水分を適切に摂取していただくようにして下さい。

ちなみに、食事での水分摂取量は約1Lですので、不感蒸泄によって蒸発される水分を補う上でも重要になってきますので、食事も季節に関係なく適切に摂取して下さい。

※水分の摂り過ぎは、体の塩分濃度を薄め腎臓や肝臓に負担をかけてしまい、ひどい場合は水毒症という状態になりむくみの原因や老廃物の排泄機能が弱まり、体全体の機能に影響を及ぼす恐れがありますのでご注意下さい。

 

4、水分補給は、常温の水がおすすめ


 

水分補給で守っていただきたいことは、人体の構成の大半を占める物質である水を適切に摂取していただきたいということです。

水を飲む習慣があまりない方にとっては、無味無臭の水を摂取することはなかなか難しいと思います。

だからといって、炭酸や甘い飲み物で水分を摂ろうとすると体内の内臓での分解に時間がかかってしまい、本来の目的である水分の吸収が速やかに出来なくなってしまう(=吸収率が悪くなる)ので、そのことを注意しながら水分補給を考えて下さい。

さらには、水の温度はなるべく常温で冷たくないものを摂取していただきたいと思います。

それは、内臓の温度は体温よりも少し高いぐらいで保たれており、なおかつ人の意識と関係なく絶えず動いてるという働きから、摂取するものが冷たい物である場合では、内臓温度に近くなるまでに吸収や分解に時間を費やしてしまう要因になります。

よって、水分補給は人体にとって必要不可欠なものであり、常温の水を適切な量で摂取することを心掛けていただければ大事に至らず、自ら健康を害するようなことはなくなるのではないかと思います。

エスアールからの提案としましては、日常生活で少しずつから水を摂取するようにしていただき、徐々に飲める量を増やしていく程度で結構ですので、無理をせずゆっくりとご自身を変えていきましょう。

ポイントは、いきなり始めるのではなく、徐々にゆっくりと!です。

 

5、ダイエットに望む体の状態とは


 

今回も少しズレた内容になっておりますが、エスアールが考えるダイエットに望む体の状態とは、

 

・適度で確実な『運動

・適切で良質な『食事』と正しい『水分補給

・良質な『睡眠

 

の3点を徐々にゆっくりと確実に改善し実施していただくことで、体に備わる本来の機能を存分に使える健康状態に近づくまたは健康になることです。

余談になりますが、エスアールでは、お客様一人一人の体の状態や生活習慣にしっかりと向き合い完全個別に指導させていただきますので、お一人ではなかなか取り組むのが難しいと考えている方やお悩みの方は、是非一度お問い合わせ下さい。

人生の転換のきっかけになることは間違いありません

 

参考サイト 浄水器専門メーカーのアクアス総研 『水をもっと知ろう』

 

シェアする

コメントを書く







コメント内容



お問い合わせはこちらから