毎日少しずつ、身体をまんべんなく使い続けることで十分に鍛え上がる

2019-05-24

動的ストレッチみたいなもの

これは筋肉をアピールしている動画ではありません。

1、関節可動域向上と筋力アップ

初めて見る方によっては、ただ動かしているかのようにしか見えず、さらには何の意味があるのかな?と思われるでしょうがそうではありません。

実は、この動きは

 

・肘の関節を伸ばす(柔軟性向上など)

・筋力アップ

・筋肉量の増加

 

などを目的として取り組んでいます。

もちろん肘だけでなく肩関節や手首の関節付近なども、もれなく含まれています。

さらに、上記の動画のように出来るだけいっぱいまで関節を繰り返して動かすことにより、可動域を広げることも出来ます。

2、疲労緩和と全身も鍛えられる

そして、可動域向上だけでなく、

 

・ケガの予防

・疲労軽減

・痛みの緩和

 

などにもつながります。

また、これを応用して他の部位を意識しながらすると、一部だけでなく全身も鍛えることができます。

余談ですが、上記のことは今まで私がバレーボールや他のスポーツをしてきた経験からのものですから、なかなか受け入れがたいかと思います。

ですから、何か書いているなレベルで考えていただければ幸いです。

3、当社の基本方針と考え方

基本理論

<注>画像をクリックまたはタップいただくと大きく表示されます。

当社の基本方針としては、マシンやウエイトを使わない自分の体を元にした運動指導を徹底しています。

ところで、これは全く関係ない話しになりますが、私はプロテインやそれに準ずる栄養補助食品なるサプリメント類は一切摂取しておりません。

それが、動物性だろうと植物性だろうと関係なく全くです。

それにより、お客様にも一切おすすめしたこともありません。

お客様から摂ったほうが良いのかと聞かれることもありますが、摂る必要なし!と禁止の方向で詳しくご説明しています。

ただ、私が摂った記憶があるとすれば、30年以上前に何度か飲んだことのある豆臭いプロテインならございます。

とても飲めたものではなかったことを今でも鮮明に覚えています。

 

シェアする

コメントを書く







コメント内容



お問い合わせはこちらから