治療の根本はきっかけを与えることなのだが現実は・・・

2017-07-11

痛みの根本治療は自分にある

ボディプロデュースのエスアールです。

7月に入りましたが、九州の豪雨災害または地震などさまざまなことが起きています。

こういったとき本当の意味で何も出来ないというわけですが、現実は非常に厳しいものだと考えさせられます。

さて、今回は以前にFacebookで投稿させていただいた内容をほぼそのまま記載させていただきます。

当社とは全く分野が違う話ではありますのであしからず(そうではないかもしれませんが)。

 

1、専門ならば安心が約束されているのか


 

意識的に、整形外科、整体整骨鍼灸、カイロなどの医療系や体の治療を主にした事業者の方々に対してどうこう言うつもりはなく、別段良し悪しといった格付けのような批判もするつもりはありませんでした。

しかしながら、整形外科の西洋医療は不慮の骨折やヒビなどの症状により確実に必要になりますが、どういう経緯かは分かりませんが、かかりつけの整形外科の診断や治療院での施術に疑問を感じるのか、私のとこに痩せる目的と肩や腰痛などの痛みの原因に関する問い合わせをいただくことがあります。

それも、なぜか直接初めて会う初回体験の機会に限って「実は・・・こうなんですが、どうしたものかと」ということで。

私がやっているのは治療院ではないため、オリジナルの方法(エスアール流または近藤流って名付けたらいいのかな)につき責任は持てませんということはお伝えし、体をまず全面を目視し関節可動域をチェックします。

行動習慣や生活習慣をヒアリングしながら、痛みや疲労の原因を探り、少しだけ体にきっかけ与えて今後の対策をお伝えいたします。

治療院がどういった流れを元にしてお客様に指導や施術しているかは分かりませんが、すべては当てはまらないにしても疑問を持たざるえません。

 

2、結局のところ、選ぶのはお客様


 

残念ながら、一部かどうか分かりませんが整骨整体、ヨガ経験者、体操指導者の方々がこちらにお越しになられたときが何度かありました。

内容はと申しますと、なぜか「体が痛い箇所があり健康に不安がある」というご相談を受けたことがありました。

まあ、本当はどうこう言いたくはありませんでしたが、あまりにそういったことが続いているためまずFacebookから投稿させていただきました。

私ぐらいの人間から申しますと、

せめて、お客様の治療や指導する立場の人間が体の不調があり自ら対策できる力をお持ちでないようでしたら、「お客様の力になります」なんていう嘘はつくのは控えていただきたいものです。

この話はオフレコでも何でもない真実ではありますが、信じるか信じないかはどちらでも構いません。

私としては、関心のある方のみに情報として上げるだけであって、特定のところを糾弾したり自分が絶対であるというつまらない正義感といったものを振るうつもりも決してありません。

何よりも、

考えて選択していくのはお客様でありそのお客様にとって一番良ければそれで良いと私は思います。

※どの地域においても、優秀な治療院または指導者の方もたくさんおられる中、やはり一部(お客様と保険関係者から聞いた経緯では、もしかして・・・もっとかもしれませんが)これはどうかなというところは少なからず存在しているようです。

 

シェアする

コメントを書く







コメント内容



お問い合わせはこちらから