1人の努力が家族全員または周囲を変える

2016-05-01

ダイエットの影響は波及する

ダイエット完全個別指導のエスアールです。

いよいよ五月に入り、ゴールデンウィーク真っ只中ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

5月ということもあり、日が落ちる日も少しずつ遅くなり活動時間や活動範囲を長くとりやすい時期になってきておりますので、この期間に趣味や運動などに時間を費やしてみてはいかがでしょうか?

さて、本日は「1人の努力が家族全員または周囲を変える」というテーマで少しだけ書いていきます。

 

1、ダイエットは1人で出来るのか


 

当社は、完全個別の運動指導と生活改善指導を主にお客様に提供させていただいていますが、ほとんどのお客様は、

 

・部分痩せしたい

・綺麗になりたい

・健康的になりたい

・1人で出来るという自信がない

・1対1で徹底的に自分だけを見てほしい(グループでやるのが苦手)

・他のパーソナルトレーニングで肉体的や精神的に疲れた

・ここで最後にしたい(毎年ダイエッターを卒業したい)

 

という想いを持って当社にお越しになられています。

当社としての基本方針といたしましては、普段の生活に支障になるような運動や過度な食事制限はしない」「課題は特別に与えない」ということをお伝えしています。

お客様の運動能力や生活習慣などは様々で、これといって決まったパターンなどがなく、実施する内容や運動の強度はお客様のレベル(=力量)やその日の状態、お客様からのご要望などに合わせて変わっていきます(STAGE2・3のお客様は、STAGE1の内容を実施することもあります)。

私のようなトレーナーが横について頑張っていくのと、ご自身の力で少しずつ頑張っていく違いは、お客様の習熟度によって多少左右されますが、嬉しいことにお客様からは「自分でするのとは全く違う」と評価していただいています。

ダイエットや毎日の生活に運動習慣を身につけることは、自分との戦いであることは間違いありませんが、実際のところ生活していく中で「仕事・趣味」以外にもう1つ実施していくとなると、1人の力で実行していくのは大変難しいことと思います。

 

2、もはやダイエットは共同作業だ


 

かといって、ダイエットをすることで正しい生活習慣(食生活など)を身につけることは容易なことではありません。

当社のお客様からのカウンセリングでの結果から申しますと、

単身の方で、料理をされない方は、外食が中心となりますのでどうしても正しい生活習慣となると取り組むのが難しく味も濃い目になりがちになり、ときには菓子パンで食事をまかなってしまうこともありますので、ますます難しくなります。

それが例え、料理をされる方であっても、ご自身の味付けや食生活を含む生活習慣を見直していくことは、長年の習慣を変えることになるので、精神力が強い方は変えることができますが、たいていのお客様は、同じサイクルにはまってしまいなかなか変えることはできません。

ということで、「分かってはいるけど、ついつい手が伸びしてしまう」「どうしても耐えることができない」「ついつい他の人からの誘惑に負けてしまう」と3日坊主もしくは、すぐにあきらめてしまわれたようです。

その場合、私からお客様にお伝えしていることは、

 

「私はお客様の過程を見ています」

「お客様の頑張っている姿は、誰かは(ご家族など)見てます」

「ご家族様の協力(食生活・ご本人の努力を認めて評価するなど)も必要です」

「無理な目標は立てず、これなら出来る目標を1か月単位で立てて下さい」

 

とお伝えし、決してお客様は1人ではないことをアドバイスさせていただきます。

そして、抽象的なことになりますが、1人の努力がご家族皆様に波及していくと、不思議なことにお客様の変化だけではなくお客様の関わるすべての方が、良い方向に向かうきっかけとなるようです。

 

3、努力は裏切らない


 

私も、時間があるときにトレーニングと毎日のストレッチ(全身)をしておりますが、やはり努力は裏切らないということがよく分かります。

少しずつですが、確実に変わっていくので、「継続は力なり」とはまさにそうでして、変わっていく楽しみがあります。

また、変わっていくので、もう少し頑張ってみようかという想いが頭に浮かび、さらに努力しようという意志が生まれます。

変わっていく姿を近くで見ているご家族様や周囲の方は、最初はあまり気にしていないことが多く変化に気づいていないことも多いですが、何らかの拍子かは分かりませんが、

 

「すごく変わった」

「こんなに変わってどうしたの?」

「私も頑張ろうかな」

「力になろうかな」

 

といった良い影響が少なからずあるようですから、「1人の努力は皆を変える」ということは間違っていないと信じています。

しかしながら、私から何度も申しておりますが、変わっていく姿というのは楽しくもあり嬉しいものですが、少し考え方を間違えればご自身を追い詰めて体を害する方向へといってしまい、大変危険な状態に陥ることもありますのでお気を付け下さい(摂食障害または精神疾患にならないように)。

 

シェアする

コメントを書く







コメント内容



お問い合わせはこちらから